本文へスキップ

展示会report

かがわ健康関連製品開発フォーラム活動内容

2017年2月15日 〜2月17日
nanotech2017(第16回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)




平成29年2月15日(水)から2月17日(金)まで、東京ビッグサイトで開催のnano tech 2017(第16回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)に出展協力しました。

【展示会の概要】
来場者数:53,106名 (2017年実績)
展示会の概要はこちらから。

【展示内容】
かがわ健康関連製品開発地域では、産学官の連携により、地域で取り組んできた基盤技術を活用して新たな健康関連製品の開発を目指しています。今回の出展では、“かがわ発マイクロマシン技術”を全国にPRすることを目的として、香川大学および県内企業の皆様のご協力をいただき、その技術・商品を紹介しました。

MEMS触覚センサ
 (香川大学工学部、微細構造デバイス統合研究センター)

ナノスケールの解像力と複数種類の触感覚センサを有する「ナノ触覚」を半導体MEMSデバイス技術で実現し、人間の指先皮膚が持つ高度な触感覚を定量的に数値化する技術を紹介しました。 また、ナノサイズの細胞を物理的に一括切断する「細胞空間分画技術」、MEMS技術をベースに非破壊で水分・栄養物質導体をin-situ観察できる超小型「維管束(道管流/師管流)センサ」技術の紹介も行いました。

微細流路親水化技術
 (高松帝酸株式会社)

高反応なフッ素ガスとの反応により様々な素材に高度な親水化を付与する技術(フッ素ガス表面処理技術)を展示、紹介しました。

 微細加工技術、微細金型技術
 (株式会社長峰製作所)
マイクロセラミック、ハニカム触媒(環境保全)、精密金型による微細押出成形品、金属多孔質体、特殊プレス金属成形品等の幅広い微細加工技術による超精密成形・加工品を展示、紹介しました。


【展示会のようす】



過去の活動報告は下記からご覧ください

・nanotech 2016
・nanotech 2015
・nanotech 2014
・nanotech 2013


contents

かがわ健康関連製品開発フォーラム

〒761-0301
香川県高松市林町2217-16
FROM香川1F

TEL 087-840-0338
FAX 087-864-6303
Mail: ksp@kagawa-isf.jp