本文へスキップ

セミナーreport

かがわ健康関連製品開発フォーラム活動内容

2015年8月24日 かがわ健康関連製品開発フォーラム第8回セミナー

福祉現場ニーズに基づく製品開発”車椅子テーブル”開発物語


2015年8月24日(月)、かがわ健康関連製品開発フォーラム第8回セミナーを開催しました。
めて、かがわ健康関連製品開発フォーラムの支援で福祉現場ニーズに基づく福祉機器が開発・製品化されました。
「車椅子用テーブル」及び「車椅子用カバン型デスク」は、香川県立高松養護学校のニーズに基づき旭洋鉄工株式会社が開発した製品です。その開発過程における福祉現場ニーズの把握、モニタリングとフィードバックによる改良などを福祉機器開発のポイントとして事例紹介しました。
併せて、香川県立高松養護学校における福祉現場ニーズも紹介しました。

日時:平成27年8月24日(月)14:00~16:30
場所:香川産業頭脳化センタービル 2階 一般研修室
   (高松市林町2217-15)

<対象者>かがわ健康関連製品開発フォーラム会員、県内企業(県内に本社又は主たる事業所を有する企業)、
     医療機関・福祉施設、大学、研究機関 等

<主催> かがわ健康関連製品開発フォーラム、公益財団法人かがわ産業支援財団、香川県

内容:
講演1.“FROM高松養護学校TOものづくり企業”  
~現場が期待する福祉器具~
(香川県立高松養護学校 教諭 西村健一 氏)


特別支援教育の現状、養護学校との産学連携、ユニバーサルデザインの重要性について講演いただきました。



講演2.“車椅子テーブルにかける想い”  
~「ものづくり企業が福祉機器を開発する」ということ~
(旭洋鉄工株式会社 新規事業部長 岡田嘉之 氏) 旭洋鉄工株式会社のホームページ


「車椅子用テーブル」及び「車椅子用カバン型デスク」の開発・製品化の経緯(経験談、苦労話を含む)を 踏まえて、福祉機器開発のポイントとして、試作→現場でのモニタリング→フィードバック→改良の サイクルの重要性を講演いただきました。
講演後に、参加者が実際に「車椅子用カバン型デスク」に触れて、製品の機能性の高さを実感しました。



ちらしはこちらからご覧ください


過去の活動報告は下記からご覧ください

・2015年2月25日 かがわ健康関連製品開発フォーラム第7回セミナー

・2014年8月1日 かがわ健康関連製品開発フォーラム第6回セミナー

・2013年12月3日 かがわ健康関連製品開発フォーラム第5回セミナー


・2013年6月1日 かがわ健康関連製品開発フォーラム第4回セミナー


・2013年2月13日 かがわ健康関連製品開発フォーラム第3回セミナー


・2012年12月13日 かがわ健康関連製品開発フォーラム第2回セミナー


・2012年10月17日 かがわ健康関連製品開発フォーラム第1回セミナー

・2012年7月26日 かがわ健康関連製品開発フォーラム設立記念シンポジウム




かがわ健康関連製品開発フォーラム

〒761-0301
香川県高松市林町2217-16
FROM香川1F

TEL 087-840-0338
FAX 087-864-6303
Mail: ksp@kagawa-isf.jp