本文へスキップ

展示会report

かがわ健康関連製品開発フォーラム活動内容

2013年1月30日 〜2月1日
nanotech2013(第12回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)



nanotech大賞「日刊工業新聞社賞」を受賞しました。

平成25年1月30日(水)から2月1日(金)まで東京ビッグサイトで開催されたnano tech2013(第12回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)に、「かがわの健康 MEMS to HEALTH,Kagawa」をテーマに香川大学の最先端のMEMS技術・県内企業製品を出展したところ、MEMSの技術を使って医療への貢献、地域活性化、地元産業強化に力を入れている点が評価され、nano tech大賞「日刊工業新聞社賞」を受賞しました。

表 彰 式:平成25年2月1日(金)14時〜
      東京ビッグサイト展示会場内
受 賞 者:かがわ健康関連製品開発地域
受賞の理由:
香川大学に設立されて15年目の工学部が最先端のMEMSを医療分野に活用するため医学部との共同研究を進める。MEMSの技術を使って医療への貢献、地域活性化、地元産業強化に力を入れている点を賞す。
賞の概要:斬新かつ先駆的な技術・製品を分野ごとに選出し、優秀出展者を表彰する。

【かがわ健康関連製品開発地域の出展内容】
かがわ健康関連製品開発地域は産学官の連携により地域で取り組んできた基盤技術を活用して新たな健康関連製品の開発を目指しています。今回の「nano tech2013」出展では香川大学および県内企業の皆様のご協力をいただき、“かがわ発マイクロマシン技術”を全国にPRしました。
○バイオセンシングデバイス(株式会社レクザム)
小型かつ高感度のバイオセンサ。抗原抗体反応やタンパク質、ウイルスなどを簡易に検出することができる。
○ナノピンセット技術(アオイ電子株式会社)
香川大学のMEMS技術を基に製品化したナノピンセット技術と、環境・ヒトに優しい“エコ”振動発電MEMS、“無磁界”静電トランスMEMS。低雑音環境を要する医療診断機器への応用が期待される。
○クレストンケーブル(吉野川電線株式会社)
世界で最も細い超極細同軸ケーブル。微細領域へ高周波信号を送受信できMEMSの周辺技術としての応用が期待される。
○マイクロTAS(香川大学鈴木孝明研究室)
“マイクロTAS(micro Total Analysis Systems)”という微小なマイクロ流体システムに関する研究紹介。細胞、DNAの観察、創薬や遺伝子疾患の診断への応用が期待される。
○赤外分光イメージング装置(香川大学石丸研究室)
香川大学工学部と医学部の連携で進められる赤外分光イメージングの研究紹介。無侵襲血糖値センサー、網膜断層像計測への応用が期待される。

【展示会の概要】
最先端のモノづくりに欠かすことのできない基盤技術「ナノテクノロジー」に関する世界最大の展示会。
出展者数:587企業・団体(国内352、海外235;22ヶ国)、来場者数:46,846人

【nanotech大賞の概要】
産業促進に貢献している企業・団体・大学等を賞するとともに、ナノテクのシーズとニーズを明確化することで、一層の技術向上を図ることを目的に、出展者を選考し、顕彰する。
※ 主催者HPより抜粋 http://www.nanotechexpo.jp/nanotech_award.html
○ 主催及び審査委員会  nanotech実行委員会
○ スポンサー  日刊工業新聞
○ 賞体系 大賞2013、各部門賞(材料・素材部門、IT・エレクトロニクス部門、超微細加工技術部門、評価・計測部門、グリーンナノテクノロジー部門、ライフナノテクノロジー部門、プロジェクト部門、特別賞)、日刊工業新聞社賞

     
 ブースの光景 展示説明、お疲れさまでした。  受賞しました! 




contents

かがわ健康関連製品開発フォーラム

〒761-0301
香川県高松市林町2217-16
FROM香川1F

TEL 087-840-0338
FAX 087-864-6303
Mail: ksp@kagawa-isf.jp