HOME >> 役立つ支援 >> かがわ中小企業応援ファンド事業 >> 平成29年度 >> C楼茣覿噺Φ羈発小規模助成事業

C楼茣覿噺Φ羈発小規模助成事業

企業が有する独創的な研究開発や、特許権などの産業財産権を活用して行う商品開発や新技術の実用化、また、地域資源を活用した製品づくりなどの新たな取り組みを支援します。

助成対象者

県内に主たる事業所を有する中小企業者又は中小企業団体

助成対象事業(枠)

  ‘帆賄・産業財産権活用型研究枠
企業の有する独創的な研究開発や、特許権、実用新案権、意匠権などの産業財産権を活用した付加価値の高い新製品づくりや新技術の実用化
地域資源活用枠
県が「地域産業資源活用事業の促進に関する基本的な構想」で指定した、うどん、オリーブ、手袋、漆器など本県の強みである地域資源を活用した新製品の開発

助成条件(対象経費、助成額)

  研究開発費
  • 原材料費(原材料及び副資材の購入に要する経費)
  • 機械装置・工具器具費※1(機械装置等の購入、製造、改良、借用等に要する経費)
  • 外注加工費(原材料の再加工等に要する経費)
  • 試験検査費(試験機関等で分析試験、検査等を行う経費)
  • 産業財産権取得費(特許出願、特許権取得費用等)
  • 委託費※2(研究開発の一部を委託する経費(委託・共同研究、システム開発等))
  • 謝金(専門家謝金、技術指導謝金)
  • 旅費※3(専門家旅費、職員旅費)

市場調査及び見本市出展にかかる経費※4
  • 市場調査費(市場調査、分析に要する経費)
  • 国内見本市出展費(会場借料、会場設営費、製品・パンフレット等輸送費 等)
  • 委託費※2(上記事業の一部を委託する経費)
  • 謝金(専門家謝金、技術指導謝金)
  • 旅費※3 (専門家旅費、職員旅費)

※1 機械装置・工具器具費
  • 研究開発や商品の試作に必要不可欠なものに限ります。(生産設備としての使用など他の用途では使用できません。)
  • 助成期間終了後に生産用等に使用できるものを導入する場合は、レンタル・リースを原則とし、助成期間内のリース料等を助成対象とします。(リース期間・料金については、耐用年数等を考慮して適切に設定してください。)
※2 委託費 助成対象経費の50%未満とします。
※3 旅費 助成額の合計で「独創的・産業財産権活用型研究枠」は50万円を、「地域資源活用枠」は30万円をそれぞれ限度とします。また、いずれも国内旅費に限ります。
※4 市場調査及び見本市出展にかかる経費 助成対象経費の50%未満とします。

助成率、助成額及び採択予定件数

助成率 助成額 採択予定件数
‘帆賄・産業財産権活用型研究枠 2/3以内 100万円以上
500万円以下
2件程度
地域資源活用枠 2/3以内 50万円以上
300万円以下
2件程度

助成の対象となる事業の期間

助成期間は、交付決定日から平成30年1月31日までとなります。

採択の基準

次の各項目について審査を行い、採択を決定します。
/卦性・革新性 ∋埔貔 成長性 ぜ存讐椎柔 ッ楼莖萓化への波及効果

申請書等

申請書等(交付申請書別紙1(事業実施計画書(概要))別紙2(事業実施計画書(詳細))別紙2別表(事業予算明細書)別紙(チェックリスト)
直近の納税証明書
県税:県の行う入札参加資格審査等申請用(県税事務所等が発行)
消費税及び地方消費税:その3未納税額のない証明用(税務署が発行)
過去3年間の財務諸表(貸借対照表、損益計算書等)
法人の登記事項証明書
別紙2別表「予算明細書」に助成対象経費として記載された機械・工具等の見積書、カタログ等

問合せ・申込先等

〒761-0301 高松市林町2217-16 FROM香川1階
(公財)かがわ産業支援財団 技術振興部産学官連携推進課 平木、古賀
TEL 087−840−0338 FAX 087−864−6303