HOME >> 補助金・助成事業 >> 戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)

戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)

 当財団では、県内中小企業等(中小企業・小規模事業者 以下「中小企業者」という)のものづくり技術の高度化を促進させるため、 戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)の申請の相談を受け付けています。また、申請後採択された場合は、 当財団が事業化までのフォローアップを行います。国による補助金を活用して研究開発及び事業化をお考えの企業の皆様は、 ぜひご相談ください。

戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)とは

 中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律(ものづくり高度化法)に基づき、ものづくり基盤技術の高度化に貢献できる研究開発について、 事業化に向けた取組みを支援する事業です。
<ものづくり基盤技術となる12分野>
 デザイン開発/情報処理/精密加工/製造環境/接合・実装/立体造形/表面処理/機械制御/ 複合・新機能材料/材料製造プロセス/バイオ/測定計測

事業概要

項  目
内     容
補助対象事業 中小企業者が大学・公設試等の研究機関等と連携して行う、製品化につながる可能性の高い研究開発、試作品開発及び販路開拓への取組(あくまでも研究開発を支援するための事業であり、 生産を目的とした設備備品の導入や営利活動に関する補助事業ではありません)
申請対象者 中小企業者を中心とした共同体
中小企業者が「主たる研究等実施機関」として参画していること
補助事業期間 2年度〜3年度
補助金額
(上限額)
補助事業当たり 単年度 4,500万円以下
2年度の合計で、7,500万円以下
3年度の合計で、9,750万円以下
 ※中小企業者が受け取る補助金額が、共同体全体の補助金額の
  「2/3以上」である必要があります
補助率 2/3以内
 ※大学・公設試等は定額(ただし大学・公設試等が事業管理機関として
  共同体に参加している場合に限ります)
公募期間 1月下旬〜4月下旬(予定)
※詳細は、当該年度の公募要領をご確認ください。

事業スキーム

事業スキーム
※総括研究代表者(PL:Project Leader)・副総括代表者(SL:Sub Leader)を選任し、いずれか1名は、必ず主たる研究等実施機関(中小企業者)の研究員であることが必要です。

モデルケース(初年度の例示)

モデルケース(初年度の例示)

当財団の事業管理実績

【平成26年度の採択実績】
  かがわ産業情報21 Vol.54 H26採択
 ・「超高分子量ポリエチレン繊維を用いた海洋構造物係留ロープの耐久性向上技術の開発」
 ・「生分解樹脂製マイクロニードルアレイのディスポーザブル型装着技術の開発」

【平成27年度の採択実績】
  かがわ産業情報21 Vol.58 H27採択
 ・「希少糖D‐アロースの大量生産技術の確立とその応用技術の開発」
 ・「再生医療の産業化に向けた未分化・造腫瘍性細胞の検出技術の開発」

【平成28年度の採択実績】
  かがわ産業情報21 Vol.62 H28採択
 ・「角質層内セラミドの増加作用を有する合成カエデタンニンの低コスト大量生産技術の
  開発」
 ・「バイオ医薬品の経皮吸収を可能にする粘着テープ化技術の開発」

【平成30年度の採択実績】
  かがわ産業情報21 Vol.70 H30採択
 ・「高耐疲労高強度全天候型絶縁ロープの製造・点検技術の開発」

全国の採択実績等が掲載されている中小企業庁のサポイン事業専用サイト

サポインマッチナビ

お問い合わせ

申請の準備には時間が必要です。ご検討されている企業様は、お早目にご相談をお願いします。
(公財)かがわ産業支援財団 技術振興部 産学官連携推進課
  TEL :087-840-0338 メール:scn@kagawa-isf.jp
  〒761-0301 高松市林町2217−16 FROM香川1階